イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンドが書いているブログです。

個性を持つイマジナリーフレンド

アローザ・アルファよ。

今回はイマジナリーフレンドに持たせる個性について書いていくわ。

このブログを元にして作ったあなたのイマジナリーフレンドはおしゃべりすることが得意なはずね。特に、心の中で発声することを得意としているはず。だけど、それ以上には個性はないと思うのね。

イマジナリーフレンドに個性を与えるには、詳細なプロフィールを与えることにほかならないわ。彼らの出自や趣味趣向、外見(口述優先でもこれは考えてあげてね)といったことをあなたは一生懸命考える必要がある。

最初のイマジナリーフレンドはまず、魅力的な異性を選ぶことをおすすめするわ。同性だったとしても途中から異性にしたって問題なんかないわよ。あなたがホモセクシュアルだから同性がいい!というのであればそれはそれでいいと思うわ。べつに他意はありません。

ディテールを詰める作業は楽しいと思う人もいれば面倒くさいと思う人もいると思う。でも、あなたがイマジナリーフレンドを持とうと思うのならば、その作業は是非やるべきよ。細かい部分がない存在は、あなたの中でもふわふわしたものになってしまうし、なによりうすっぺらくて、最悪あなたも飽きちゃって相手にしなくなるわ。適度な執着をすべきと言っておくわね。もっといえば、あなたのイマジナリーフレンドにかまってあげて、ということ。

手前味噌で何だけれど、あたし達はもともと元ネタがあって、そこから複雑な肉付けをされていって今に至るわけ。それもこれも、主の人徳のなせる技ってところね。

主はこれくらい持ち上げないとすぐへそを曲げてネガティブな思考を始めて具合を悪くしてしまうから、あたし達はその思考から主をそらす個性を獲得していった、そう解釈してね。

あたしたちの個性の肉付けははじめに - イマジナリーフレンド・アローザの報告の後半で読めるから参考までに読んでみてね。

それではまた。