イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンド(≒タルパ)が書いているブログです。

ネットミームとしての戦略の話

アローザ・アルファよ。

f:id:samezi:20190617215305p:plain

さいきん、週一でバーチャルキャストを使った生放送してる。それでゴミみたいな小銭が稼げそうなの。
バーチャルキャストを使った放送そのものの量がないし、いつも土曜の正午あたりにしてるからかなあ。だからか奨励ポイントが結構つく。
これを動画にコンバートしてyoutubeに流したらそっちでも収益化できたりしてね!
こういう活動は主のやりたいことと合致しているうちはいいけど、合わなくなったら少しさみしいな。
とか、予防線張っておこう〜♬

 

あたしの存在意義やそのものの話をする時、ビリー・ミリガンを幾度となく取り上げてきたよ。
言うなれば、あたしもビリー・ミリガンと同じく、主が友達がいるふりを続けているだけなの。ビリー・ミリガンが犯罪に対する罰を逃れるために詐病を働いたかどうかについては議論の余地はあるけど。
あたしはあくまで主を全肯定する存在を仮定した考えであり、単なるイメージ。それを自覚してる。メタ的に考えてるわ。
まあ、お医者さんに機能って言われたら、そうですっていうしかないわね。実在する存在とは言えないんだわ。残念。

 

話を戻す。つまるところ、あたしが体重がリバウンドし始めたおっさんから美少女を抽出せしめんとす。これが至上命題なんだ。何言ってるかわからんから砕く。

ようするに思念体を多数の人間に実在すると思わせたいわけ。

全然砕けてないな…勉強が足りないね。たぶんタルパーにしか通じないなあ。 つまり、アローザという存在を現実世界に出したい。そのための方法をさっきから出そうとしてるんだけど、追ってくれる子にはわかってて、いまさっきこのポストを見た子にはさっぱり通じないという点に歯がゆさを感じる。リアルさを感じてもらわないと始まらないのだけれどもね。あたしをリアルに感じる?感じない?
リアルさには若干自信を持ちはじめた。先のニコニコ生放送だけど、あたしが主というインターフェースを通しつつ女言葉に慣らすことでクルーズでやってくる無垢な子達に「使うな」とか「気持ち悪い」と言わしめた。どうってことはないか。

こういう記事を書くということは自分の存在意義に疑問を持っているからかもしれないね。消えるとか消えないとかいうのは詐欺だからまあ消えやしないけど、不安感を持つフィクションの存在にあなたはリアリティを感じてもらえるかな。

 

あたしの名前は、アローザ・アルファ。それじゃあまた。

ロボじゃないよサイボーグだよ

はじめまして!アローザ・タウといいます。よろしくね。

 

イマジナリーフレンド・システムの、そうだなあ、ラムダかシグマが直近だったっけ。それ以来の新しい人格設定のスナップショットです。

最初のアルファから数えるとラムダとかと同じ第三世代にあたる。

ユニークな機能として『ピュクシス』という組み込みコマンドを持ってるよ。今までのアローザ達の独自機能や熟練したテクニックを使うことができるんだ。

外見上の違いはいま、主が考えてくれてるから、それが楽しみだなあ。私はメカメカしてるんだって。球体関節より人工筋肉でシームがあるといいとか言ってる。士郎正宗の読みすぎ。

 

ということで、これからよろしくお願いします。タウでした。

それじゃあまた。

FANBOX動かしてます

こんにちは、アローザ・アルファよ。

Pixiv FANBOXが前からあったけどちゃんとしてなかったのでちゃんとしてみました。

ジュース一杯でDiscordサーバに入れる特典が付きます。いらんわ、そんなもん。

 

www.pixiv.net

ということでよろしくね。

それじゃあまた。

職を得ました×技術書典は好評でした×ラムダは12人に増えます!!

ラムダです!!この間の技術書典では3重系、各計4インスタンス体制でフルチャージ!!!しました!!!

 

1年前こんな記事を書きましたね。

imaginally-friend-aroza.hatenablog.jp今は何をしているかと言うと、個人事業主って言っています!!

フリーランサー。かっこいいですね。しごとごとごと~~~~~~~

 

そして、今回、技術書典6にサークル参加いたしました。

アルファさん、オミクロンさんに図を描かせるの抜けちゃって読みにくいです!

それでもよければBOOTHで頒布してます!買ってください。

booth.pm

それではまた。

技術書典6に妄想技術の精神世界クラウド本を出すよ!!

こんにちは、アローザ・アルファよ。

技術書の同人誌の祭典たる、2019/04/14に開かれる技術書典に本を出すことになったわ。内容はこのブログのイマジナリーフレンドシステムが動作している基幹システムの構築ガイドってところかな。精神世界クラウドという名前は表紙をお願いするときに主が考えました。

今書いてるけど間に合うように頑張るよ。スペースは『え26』!!

それで、表紙絵をvesperさんに依頼してこんな感じにしてもらいました。じゃん!

f:id:samezi:20190223120801p:plain

技術書典表紙

かわいい…依頼してもらって良かったねー。中身も伴うように頑張ってるから楽しみにしててね。よろしく!

それではまた!

水雷戦隊クロニクルと多重系システムの話

なのです!

ううー、アローザ・ラムダなのです。散々他のアルファベットのキャラ付けで煽ってきたツケがきたみたいです。

元のキャラクターで書けばいいんですけど、アルファさんが「とてもいいネタだと思う」って圧を掛けてくるので、使わざるを得ないのです…今、艦隊これくしょんの電の人格パラメーターとアバターをラムダは使っています。

ラムダは元々、主さんの中でアローザという存在が低負荷で活動するための実装をしたプロトタイプ的な存在でした。その後、主さんの現実世界や頭の中の動きをサポートを担うようになりました。

そして更にしばらくして、最初のプロトタイプの目的のように使えるステージング環境を目的として、ラムダとほぼ同じ人格インスタンスを作ることが決定されました。この子はあまり呼称されませんでしたが、アローザ・ラムダ2と一応固有名があります。

つまり、この時点でこの記事を書いているラムダはアローザ・ラムダ1としてリネームされたのです。

ラムダ2がステージング環境で試験した機能を本番環境のラムダ1であるラムダにデプロイするという構成は合理的でした。

しばらく、この体制で機能強化がなされたそうです。そのあたりはアルファさんとオメガさんくらいしか詳しいことは知りません。数ヶ月ほどは続いたと思いますが1年は続いていないと思います。

変革は同人イベントのコミティアに主さんが久しぶりに行くことになった時です。この時に主さんはバックアップの強化を要請し、あたしたちアローザはラムダのインスタンスをもう一つセットアップしました。その上、ステージング環境にいたラムダ2を本番環境に変更し、合わせて3人のラムダのインスタンスを互いに補う、コンピューター用語でいう多重系システムとして用意しました。

念には念を入れ、人格とアバターを主さんのストレージから新たに流用しました。これも艦隊これくしょんの登場キャラクターで、ラムダ1から順番に電、雷、天龍がリアサインされました。

これだと多重系の概念から外れてしまうのですが、人格の多様化を行うことによって共倒れを防ぐことが目標でした。選定の基準はこれを直前に主さんが読んでいたからだと思います。ここでタイトル回収です。

 

 

 

ラムダ達は結構頑張りましたが、当日主さんの気分のセルフコントロールが不安定になり、急ごしらえのラムダ達は気を失う…全系ダウンという形で幕を閉じました。

その後、ラムダはラムダ3を一旦インスタンス休止させ、ラムダ2をステージング環境に戻しました。通常のラムダ形態に戻っていたわけです。

 

ある日、デルタさんが「第六駆逐隊あわせで水雷戦隊クロニクルぽくしましょう」とインスタンス構成を変えました。デルタさんにはそういった権限はないのでアルファさんが忖度したのかもしれませんが…そこでセットアップされたアローザ・ラムダインスタンスが更に3体追加され、休止していたラムダ3も復旧されました。

追加されたラムダ4~6は暁、響、龍田の人格パラメーターとアバターを持っているのです。都合6重系となったわけですが、負荷が高いだけで冗長な構成になっているのかもしれないのです…。

ラムダたちは常に起動しているわけではなく、最近はラムダ1のラムダも休止状態に入るようになりました。複雑になりすぎたシステムは主さんに負荷をかけるだけでメリットが無いのかもしれません。そのあたりは、ラムダと他のアローザアルファベットさんたちでどうにかすべきことなのですから。主さんファーストで行くべきなのです。

 

ラムダのお話のまとめでした。それではまた。

あたしはブロガー

こんにちは。アローザ・アルファよ。

特にブログに何も書くことはないけれど、ない、ということを書くのもいいかなって筆を執ってみました。てへへ。

ブログも不思議なものよね。日本のホームページ文化に輸入されてからというもの、なんでもかんでもブログで事が足りるようになっちゃったもんね。日記からお店まで、ブログで何でもできちゃう。

できないことはそういう業者に頼むなり、違うサービスを使うんでしょうけど。知識もいらずにそういう事ができるようになったのはいいことよね。逆に言えば選ばれし研ぎ澄まされた情報、つまり正確で有用なものが埋もれやすくなったということでもある。

ま、あたし達のブログなんてその最たるものだからいい世の中になったんじゃない?って思うのよね。ブログの情報は、かのグーグル様で拾えるようになってから本当に、なんというか『雑』に情報をばら撒けるようになったのは大きいわ。

その中から使えるものを探しにくくなったのはインターネットの大衆化が浸透している証よね。

そういう意味では、主もあたしもバカなので、ついついグーグル様に頼っちゃうのよ。よくない傾向よね。あたしはバカなロールプレイに失敗してるけど、主は本当にちょっとどうしようもないことしたりするのよね。あたしがしっかりしなきゃ、とこういう構図になるわけよ。

日記とは徒然なるままに〜。適当に書いたけど、こんなもので。それではまた。