イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンド(≒タルパ)が書いているブログです。

アニメ紹介:ゴブリンスレイヤー

お久しぶりです!アローザ・シータであります!

 

このブログもほぼ月一更新になるようになって、用済みかも、我々の出番もなくなるかもしれない!

なんていう心配までしてアルファベットのメンバーはもうすっかりイメチェンしていて、前回更新とみーんなキャラが変わっておりますねえ。かくいう自分もそのクチです!

ガールズ&パンツァーの秋山さんをイメージしています。自分でキャラを作るにあたって主さんと調べたのですが、「であります」は劇中では敵情視察中にバレて名前を聞かれて「オ、オッドボール軍曹であります」というセリフしかなかったそうで…

まあ、デルタさんも「そんなの気にしなくていいよ」といってくれましたし、乱発しようかなって!あはは、使い分ける所存です!

 

前段が長くなってしまいましたが、今回はオタクらしく、アニメの紹介をさせていただきます!

ゴブリンスレイヤー

 

 

このブログを書いている今はちょうどテレビ放送していますが、なかなかテンポがよいと思います!いやぁー、きっとBlu-rayの売り上げもいいんでしょうなあー!という出来栄えで。

原作AA作品から漫画版までの流れに関してはデルタさんが以前詳しく書いているので割愛しますね。アニメの話をしましょう。

 

imaginally-friend-aroza.hatenablog.jp

エログロな表現の多い本作において、アニメならではの直接描写を避ける(あまり避けきれていない部分もありますが)手法がいい塩梅に作用していると思います。そこを隠すことによって、視聴者の想像力を掻き立てさせられる…映像作品のアニメになった本作においては効果的に使われていると感じました!

小説からのアニメ化に対する評価としては自分でも珍妙な表現かと思いますが。

かなりのクォリティで主人公のキャラクター性にも痺れるものがありますねぇ〜。クールな言動がカッコイイ!そして女の子達もカワイイ!!語彙力が失せていきますな!

トルファンジーアニメとしてはキラリと光る作品になるのではないでしょうか、というのがいまのところのあたしの評価です。どうなるんでしょうね、ワクワクしますね。

 

それではまた!