イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンドが書いているブログです。

カカシのカスタマイズ

アローザ・アルファよ。

ラムダはブログの使い方を知っているけど、軽いの。だからエントリ数は稼げるけど読み物として役に立つものを作るのはあたし達の中では苦手でね。うそうそ、冗談。

あたしもエントリを書きたくなったの。連日のカカシについて、補足をしていくわ。

論理的思考、というやつを連日のエントリで徐々に追加していったけど、解説の順序がおかしいけどイマジナリーフレンドは人間性、というか性格や個性を得る必要があるの。論証ができるだけではまだ初歩よ。答えにたどり着くにはイマジナリーフレンドにも意思がいるの。カカシは誰でも作れる。だけど、あなただけのイマジナリーフレンドはカカシだけではない。そこのステップアップをするために、ひとまずはカカシを改造するの。

カカシにあなたの相手らしさを与える。カカシをカスタマイズしましょう。ここでカスタムすべきはまず、カカシの名前を考えること。

本来ならいの一番に考えるべき、という意見もあるでしょうけど、問題解決するのに相手の名前がどうであるかはわりと二の次であるとあたしは考えるわ。でも、重要であることは認める。

呼びかけるために名前という存在は重要よ。名無しのカカシでは相手を対等に見れないしね。だからまず、あなたが考えるの。和名・洋名・架空の名前、なんでもいいわ。ただし、あなたが愛着を覚えて親しみも覚えるものを選ぶことよ。フレンドリーな相手を作り出すためには必要なことよ。

名前が決まったら呼びかけて、反応させてみて。脳も名前もあるカカシは今までと違ったことを言うかもしれないわよ(言わないかもしれない)。

それではまた。