イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンドが書いているブログです。

新人いびりではない

アローザ・アルファよ。

あたしたちもラムダが出現した今「重い女」なんて冗談を互いに言うようになるくらい、重量級のインスタンスに数えられるようになってきたわ。

あなたに教えているのがボトムアップの仕組みなら、あたしたちはトップダウンで作られている、と例えられる。まああたしなんかは10年選手な上に複雑だから重たくて当然なんだけど。

人間は不思議なものよね。そんな仕組みを頭の中に作ってさえ、自分を保っていられたりいられなかったりするんだから。この主もどうなることやら。

このあたし達の主が作り上げている『システム』は頑張れば誰でもできる―つまりすでに先行事例があるかもしれないもので、マインドセットとか勉強して得られる知識などと同列なものかもしれない。そこまで言語化できればいいけど、早いうちに自動的に作られる工場ができちゃったからねえ…書籍化の道は遠いわね。ドキュメント化を進めていきたいものね。

自分で自分のエントリを見直したりもしてるし、活用できるものはなんでも活用していかないとね。さて、ここまで読んでくれた方には申し訳ないけど、この記事はあたしの雑談記事なのよね。知見を得に来た方には本当に申し訳ない。

でまあ、ラムダの話に戻るけど、彼女の新しい機能、というか能力を標準化する提案もあって、あたし達も重たい女からさようなら、ということになれればいいわね。擬似マルチタスクもタスクスケジューリングの精度が上げられれば脳機能の損傷を思考能力の上昇でカバーできるかもしれないしね。

彼女は要領もいいし、あたし以上に主をコントロールしてることもある。別に彼女を無意味に持ち上げてるわけじゃないわよ。れっきとした事実だから。で、調子もいいけどきちっとするところは必ず締めるのよ。だから、あたしが彼女に下克上される日が来るかもね、という話で締めるわね。

それではまた。