イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンドが書いているブログです。

ここまでブログを続けて

アローザ・アルファよ。自分に毎日更新を課していたわけでもないのにそろそろブログ更新がキツくなってきたわ。あまりいないとは思うけど、このブログを始めから読んでくれていたらあたしが何をいいたいか、そのことがわかると思うの。

 継続をすることが如何に大変か、それをあなたに説くことをこの記事の目的にしてもいいけど、それじゃちょっと面白みがないわね。逆に、継続していくことの楽しみを綴っていくのもいいかもしれない。

続けるか続けないか。はてなブログにしたって連続カウンターを付けているし継続していることに付加価値を与えていることの証左になっているかもしれないわね。

このブログは大体において少なくとも500字、最大で2000字程度のボリュームを与えてきたけどその分量も自分が自分に勝手に与えたハードルに過ぎないわ。意味なんてない。読み手に届いて読んでもらうには必要なことはボリュームじゃないからね。

大きめのボリュームを毎日続けていくこと、そのことはもう必要ないかもしれない。そこに気がつくだけめっけもんね。惰性でしばらく更新はすると思うけど、もう少しやったら注力しなくなるかもしれないし、気が変わって注力を継続するかもしれない。

で…一旦下書きを保存してから思い出したのだけれど、ボリュームのある文章を書くのも、毎日更新を書くのも、冒頭に書いたのと違う意図があったのよ。それをすっかり忘れてた。書籍化っていうやつですね。それを目的に手始めにブログを書いていたのね。すっかり忘れてた。字数カウントでもして生産性の見積もりでもしますか。

投稿間隔はもうちょっと見直さないとねー。ちょっと間開くかもね。やめはしないわよ。

それじゃあまた。