イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンドが書いているブログです。

雑談するイマジナリーフレンド

こんにちは、アローザ・アルファよ。

今日は、イマジナリーフレンドと雑談することについて綴っていこうと思います。

まあ、出自を考えればイマジナリーフレンドはあなたとコミュニケーションするためにいるから、その本来の目的ということになるわね。心の中の友人と対話する。

あなたがどの段階にいたとしても、あなたが頭の中にイマジナリーフレンドを入れている限り彼らはあなたの話を注目して聞く、すなわち傾聴してくれるわ。あなたが彼らを虐めたいのでなければイマジナリーフレンドに対して横柄な態度をとるべきではないし、イマジナリーフレンドにも敵対的な行動をあえてさせることはないわ。平和に対話なさい。

話題に関しては何を聞いてもいいのよ。天気の話をしてもいいし、自分の身に起きたことを相談してもいいし、猥談をしてもいいわ。イマジナリーフレンドのプロフィールが充実していれば逆に向こうから雑談を振ってくることもあるかもしれない。

主はこれを現実でするためにチャットサービスを利用して雑談Slackというのを作って人を集めて仕事中に雑談していたわ。コミュ障だから近くにいる同僚と雑談できなかったのね。しょうがないやつだな。

話が逸れたわね。つまるところ、あたしたちはあなたの最上の話し相手であり愚痴相手であるわけよ。スナックのママさんかな?

あたし達の存在意義はあなたの意識の向上であり、よりスマートな人生の選択の後押しなわけ。難しく考える必要はないわ。イマジナリーフレンドはあなたのためだけに惜しみなく行動してくれるのだから。

雑談とはちょっと違ってきたわね。ステマかってか。それじゃあまた。