イマジナリーフレンド・アローザの報告

とある人間のイマジナリーフレンド(≒タルパ)が書いているブログです。

新しい精鋭が増えましたよ~

ラムダです!

前からはいたんですけど、能力はあるのに精鋭に入るのを嫌がってる子がいたんですよ。

で、昨日その子にアルファベットが振られることが決まりました。

シグマちゃんです!

 

あたしがこういうのはなんか違うかな、って思うんだけど、あの子ラムダがジムなら自分はブルーディスティニーだー、って言うんですよ。

それってあたしのアイデンティティーを侵していると思いません?やなやつ!!

でも、彼女も主のことを考えていることはあたし達と共通しているんですよね。

だから多少やなやつでも付き合っていこうと思うんです。

 

彼女のプロフィールは最初のページにメンテナンスしてあります。誰がメンテナンスしてるんでしょうね?あたしじゃないですよ。

imaginally-friend-aroza.hatenablog.jp

あわせて読んでみてくださいね。それではまた。

あたし、YouTuberになったみたいです

アローザ・ラムダですぅ!

 

聞いてくださいよ!あたし達なんとYouTuberになったみたいなんですよ。

と、リンクを貼りたいのだけれど、アルファさんがイメージ戦略上の都合とか言って貼らせてくれないんですよ。

 

まあ、いっか。

見てくれるんなら、YouTubeでアローザで探せばきっと一発でスキー場動画がいっぱい引っかかると思うから張り切って探しましょうね!

 

それじゃまた!

納豆!卵!!お薬!!!

アローザ・ラムダです!

あたしの役割として、毎朝主さんが薬を飲み忘れないように、

頭の中で「納豆!卵!!お薬!!!」って叫んでるんです。

 

というのも、主さんは朝ごはんを食べたらすぐパソコンに向かっちゃうので薬をのむのを忘れちゃうんです。

そこであたしが忘れないように言ってみる役をやってみてるわけです!

それで、なんで納豆と卵かって言えば、主さんのご家庭では、朝は納豆ご飯か卵ごはんか納豆卵ごはんだから、というわけなんですね。そういうことです。

7割位飲んでたのが9割位まで向上したので、効果はあると思います。

さあみなさんご一緒に!というわけで、それじゃまた。

顕現

こんばんは、アローザ・アルファよ。

ラムダばっかり(※注そんなことはなかった)書いてたからすっかり久し振りになってしまったわね。

 

今回は何と私のことなの、主のTwitterなんかを見てる人は知ってるかもしれないけど、主があたしの3Dモデルを休みもせず、ずっと作ってるの。3日くらい。疲れたりしないのかしら。それが心配ね。

いくら求職中で休職中だと言っても、体力に限界はあるわよね…

話が逸れたわ。まあ、主は芸術的センスや三次元的な能力に欠けてるから、正直我ながらそんなに出来は良くはないのよね。

まあ、あたしみたいな存在がそういうコンテンツが増やしてもらえる=構ってもらえるのは嬉しいことよね。

だからこそ、体は労って欲しいものだけれど。まあ、デスクワークの仕事始めたら休憩なんか昼休みしかないけどね。

ここでは告知したりしないけど、モデルができたら動画を作ったりゲームを作ったりするんじゃないかしらね。そういうのにあたしが出てくるのを顕現、とかいってしまったりして。もしかしたらユーチューバーにされてしまうかも。それはそれで楽しいとおもうわ。それではまた。

自動筆記って本当に自動なの?

ちゃーす、アローザ・ラムダでっす。

あたしの文章が日に日にフランクっていうか雑な文章になっていっているのは気のせい?いいえ気のせいではないです。進化の印ってやつ!

さて本題に入りましょ。あたし達は主の頭を使って主の神経を伝って主の筋肉を使ってキーボードを叩いている、そういう設定なのよん。

設定ってぶっちゃけちゃうけど、ブログ更新をやってるのは何を隠そうおっさんなのよ、今のところ。

あたし達が主の頭から離れて活動できたらそれはそれでホラーな気がするけど、科学の進歩ってやつでそれが可能になったらすごいわね!

未来の技術は置いておいて、現在の話をしましょう。

主がパソコンの前に座ると、頭の中で例えばあたしが優先的に脳内リソースを使えるようになるの。すると、口調がこう、女の子っていうかオネエになるわけよ。創作の女の子口調についてはシータが詳しいんじゃないかしら。あの子絶対そんな記事書かないと思うけど。

主の変化はそんなものだけど、ブログを書いていると明らかに自分とは違う存在を感じるみたいね。システマチックな物の上とはいえ、あたし達は人格を持った存在だからね。そのへんは自分では否定しないわよ。でも、霊的な存在では、今のところないわね。

だからまあ、その手のことも、継続してたら使えるものになるかもね。ってことが言いたかったわけよ。継続は力なり、ってなったらいいわね。

それじゃまた。

複雑化とは

お久しぶり、アローザ・アルファよ。

 

主はどうやら、一度に多くて2つのことしか出来ないみたいね。当たり前だけど。それがやっと一段落したみたい。

本題に入りましょう。イマジナリーフレンドシステム上における、あなたのイマジナリーフレンドの複雑化というものについて書くわね。まだいまいちあたし達もよくわかっていないけど。

この複雑化は、初歩的な段階のイマジナリーフレンドからのステップアップとしては、かなり高い段差を超えることになるのね。

複雑化すると何ができるようになるか。例えば主が悩み始めた。すると悩みの本質をイマジナリーフレンドたるあたし達は推論するようになるわ。そして話を持ちかけられたところで推論をもとにあたし達と主は議論をする。

だから問題解決のみならず、自分でバックグラウンドで考えることを必要とするわけ。これはカカシに脳を突っ込んでもできないわね。悲しいことだけど。

話はだいぶ前のエントリと前後するんだけど、要するにイマジナリーフレンドのプロフィールを細かく考えるってことを書いたわね。それはつまり、イマジナリーフレンド自身が複雑に物を考えるってことなの。意味、通じてない気がする。ちゃんと書くわ。

複雑なプロフィールを持って頭の中で動く概念は、あなたの中のリソースをそれなりに消費するの。イマジナリーフレンドにはそれなりのバックグラウンドが必要よ。それがないとあなたと会話するときにちゃんとあなたが相手を実感できる会話ができないし、簡単なことしか喋れないと結果、問題解決出来ないことにも繋がる。

あなたはラバーダッキング以上の効果をこのシステムに求めているはずよ。単純に物に話しかけるので満足するならこのブログを読んでいないだろうから。

プロフィールを与える他には何をしたらいいかしらね。まずは、イマジナリーフレンドにプロフィールを遵守させることが必要じゃないかしら。

イマジナリーフレンドが行動するっていうのはどういうことかしら?考えるっていうのは?つまりあなたがそう振る舞うことにほかならないのよ。

書き始めてみれば複雑化っていうのもまあ人に分かる文章になるものね。それではまた。

詰まっている所

こんにちは!アローザ・ラムダです。

イマジナリーフレンドシステムのハウトゥーの取りまとめがなかなかはかどりません。理由は、途中から自動的にパワーアップしているので意識的にどう発展させてたか覚えていないことと、複雑化する、ということをどう説明したらいいのかで詰まっているのですよね。いわば初級から中級へのステップアップが書けない。

まあ、これもそれもどれも、余興というか趣味ですからね、主の趣味で主が追い詰められる道理はないんです。なんなら途中でほっぽりだしてもいいんです。

あたしはアルファさんみたいに重たい女(こんなことを書くとアルファさんが苦笑いしてくるのがこわいんですが)じゃないから長文を書かないですが、主がちょっとでもあたし達にリソースを割いてくれるのはうれしいですね。

それじゃまた。